「自然と人の調和」を目指すホリスティックな美と健康と自然環境を考えるサイト

皮膚と栄養

皮膚と栄養

皮膚を身体の内側から作るインサイドケア

  • 次に、美と健康の基本である、身体の内部からの影響について考えてみましょう。
  • 人間は勿論、動植物のすべてが、各種の栄養をエネルギーや代謝の材料として活用しながら生命活動を行っています。生体を保つために何らかの栄養を経口摂取して生命活動を営む生物を従属栄養生物と称します。

  • 私たちは、毎日の食事によって、エネルギーを得て、生体内における様々な複雑な代謝活動を行い、生命を維持しています。

    画像の説明

  • 生体が、きちんと生命活動を行うためには、中学校の生物などで習う5大栄養素(最近は繊維を加え6大栄養素)が必要です。
    皮膚は、前述の通り「分化」によって角質層を作り、バリアを形成します。

    画像の説明

  • この角質層は、ケラチンというタンパク質でできています。
    栄養素は、皮膚の形成だけでなく私たちの生命活動必須ですが、特に、前述のタンパク質は、生命のスーパーマテリアルともいわれ、身体を構成する重要な栄養素の代表です。

    画像の説明

  • 私たちの食べた食品は、大雑把にいうと、胃で消毒(一部消化)され、小腸で消化酵素などが働き食物、‥タンパク質などを小さくアミノ酸に分解して肝臓に送られます。

  • その後、必要な身体の再生や代謝や酵素などになって、様々な複雑な働きを行うのです。また、脂質はプロスタグランジンという生理活性物質になったり、余剰のものは皮下組織に蓄えられます。
    更に炭水化物は、エネルギーとして使われます。

  • ビタミンは、生体反応を行う時の主材料になりミネラル類は、その補助材料でいずれも重要なのです。


  • 薬剤やメスは、最後の手段と考える医師たちは、様々な身体的および精神的疾患に対し、体内のビタミン、ミネラル、アミノ酸等のバランスを適正に調節することによって治すことができると考えています。

  • 特に、病気や不調への対応は、薬や手術だけでなく、栄養の問題が関係していることは重大な事実です。
    (アメリカでは、既にマクガバンレポートによりこの重要性は広く知られていますし、医学部では疾患への栄養対策講座が医療の基礎的カリキュラムに加えられています。)
    画像の説明

  • こんにち「飽食のなかの栄養欠損」といわれるように、一見、豊富に思える栄養に関して現代人は、大きな課題をもっているのです。

  • 課題とは、すなわち、栄養が消化吸収されてから体内でどのような化学変化が起きるのか?消化・吸収の後、代謝過程で細胞(身体)はどのような影響を受けるのか?といったことに関する知識です。

皮膚と栄養について

  • 重要なテーマですので、皮膚と栄養についてもう少し触れます。
    重複しますが、皮膚は、基底層において基底細胞が分裂して次第に形と役割を変えながら、皮膚表面に押しあがり2週間程とどまってやがて垢となって落屑(せつ)します。

  • その皮膚を作る材料は、タンパク質です。
    少し難しい話になりますが、そのタンパク質を合成するためにはVitaminB6が働きます。

  • 皮膚細胞の分裂分化には、VitaminAが、DNA(核)の合成・開裂には、葉酸や亜鉛、鉄などが必要です。

  • またプリプリの肌の元となる結合組織の水分保持には、コンドロムコタンパク(ヒアルロン酸)が必要です。

  • 結合組織の主役であるコラーゲンの合成やシミの基となる抗チロシナーナーゼには、VitaminCが働きます。
    また、皮膚の保湿には、パントテン酸が、皮膚血流の改善には、VitaminEが必要。

    画像の説明

  • 更には、更年期近くなると顔面筋肉運動に不足しがちなカルシウムが必須となます。

  • このような材料が不足すると皮膚は、不完全な角化とることもあり潤いや弾力・ハリなどを失ったり、シミが増えたり等々のトラブルの要因につながりやすくなるのです。

シミの栄養対策


  • 身体に必要な栄養素を十分に供給するためには、できるだけオーガニックで新鮮な食事や高品質な栄養素などが必要となります。

  • 重要なことですので、何度も繰り返しますが、皮膚は、吸収器官ではありません。 

  • 皮膚には、何重にもバリア機構があり、化粧品に配合された低分子のヒアルロン酸やコラーゲンを塗っても都合よく気になる部分に働きかけることはできません。

  • 経口摂取し、消化・吸収される栄養素のように生体内での働きと同じにはなりません。ナノテクによる皮膚深部への浸透のためにコーティングする何らかの基材は、生体内にとっては異物であり、肌の敏感な人や弱い人、アレルギーのある人は、使用しない方が賢明でしょう。

  • 生体に必要な物質は、すべて生体内で作られています。
    これは、健康な生体を考える上で最も重要なポイントになります。

  • 60兆ともいわれる細胞が集まって成る私たちの身体の内部では、各種栄養を原料にして不断の新陳代謝が行われています。ですから皮膚を健康に保つためにもきちんとした材料を供給することが美と健康のケアの基本です。

    画像の説明

サイトのトップへ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

エヌティーエスコーポレイション NTS ヴェレダ オーガニックコスメ