「自然と人の調和」を目指すホリスティックな美と健康と自然環境を考えるサイト

皮膚のバリア機能

皮膚のバリア機能

皮膚は、全身を覆い、生体環境を一定に保ち、生体を保護するための驚くべき精巧、かつ合理的なバリア機能をもっています。

  • 皮膚は、解剖・形態学的には、表皮、真皮、皮下組織という3つの組織からできています。

  • 大まかにいえば、表皮は、分化によってアカを作り、物理的なバリアとして働き、真皮は、毛細血管が通っており、様々な栄養素の搬入、老廃物の搬出、などのほか、コラーゲンやエラスチンという網状の結合組織で水分を多く含み、皮膚のハリやプリプリした状態を作り、皮下組織は、脂肪細胞の層で、筋肉や骨の間にあってクッションの役割を果たしています。(他にもいろいろな付属器官や機能を持っていますが、話がややこしくなるのでここでは省略します。)

                  

表皮の構造図

表皮は、図のように分かれています。

画像の説明

  • 皮膚の構造は、表皮組織・真皮組織・皮下組織という3つの組織から成り立ちますが、特に重要な表皮について説明します。
    表皮は、皮膚の下から順番に下記のようになっています。
  1. 表皮の最下層では、円筒状の形態をした基底細胞と呼ばれる細胞が分裂します。
    そして、1つは、その基底層というところに残ります。

  2. もう一つは、皮膚の表面に上がっていきます。そこで有棘層というところでお互いに隣り合う細胞が結合していて、棘のようなフィラメントといわれるもので結着しています。
    所々に免疫を担うランゲルハンス細胞が存在します。
    その他、細胞間には、リンパ液も流れていて、栄養を運ぶ役割を担ってもいます。

  3. 更に、上部にあがると、顆粒層という層に顆粒細胞がいます。
    顆粒細胞は、次第にその形態が変貌していき、平たくなってきて、ケラトヒアリン顆粒というガラス状の顆粒をもち、紫外線を反射したりします。
    更には、核を消失させた角質細胞へと移行するのに必要なタンパク質を材料にして、合成を行い、角層への移行に備えるのです。

  4. 最終的に、角質層という層に角質細胞(ケラチノサイト)が10~20の層を形成します。
    この時には、既に細胞の核は消えてしまい、タンパクがケラチノサイトと呼ばれる角層になるのです。
    これが皮膚表面にしっかりと重なり、水も通さないよう異物の侵入を阻止します。

画像の説明

  • 役割を終えたケラチンは、垢となり約4週で剥がれていきます。
    そのとき、接着された役割を終えて不要になった角質片を剥がすのに、剥離酵素(「カセプシンD等の酵素類)のハサミによって接着部分がちょん切られるのです。
  • このような代謝活動が年中無休24時間行われているのです。
    こうして正常な健康な皮膚は、いつも新しく作り変えられています。

  • ところが様々な要因により、これがうまくいかず皮膚の不調に悩むケースが、とても多いのです。
    (このような状態を角化不全と言います。)

  • 生体反応における身体(皮膚)のメカニズムも、複雑ですが、とりわけ素晴らしい働きをするのが角質細胞です。
    細胞としては、既に核を持たず、いわゆる死んだ細胞と呼ばれますが、これが免疫の最前線で重要な役割を果たしています


    画像の説明


    次ページへ続く

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

エヌティーエスコーポレイション NTS ヴェレダ オーガニックコスメ